« 2次 久保雅文の資産運用が問う資産運用での配分 2004年 | トップページ | 4次 久保雅文の資産運用が問う資産運用プラン 2006年 »

2005年5月25日 (水)

3次 久保雅文の資産運用が問う資産運用のリスク 2005年

3次 久保雅文の資産運用が問う資産運用のリスク 2005年

久保雅文の資産運用でもリスクのない金融商品はありません。久保雅文の資産運用は、次標として掲げたリターンを得るためには、リスクと上手につき合うことが求められます。久保
雅文の資産運用の資産運用におけるリスクとは、「不確実性Photo_4 」「振れ幅の大きさ」を指します。久保雅文の資産運用ではつまり、思い通りにいく、またはいかない可能性を意味します。
久保雅文の資産運用の振れ幅は、上にも下にも動く可能性があるので「リスク=危険=損をする」ではなく、「リスク=損をするかもしれないし、儲かるかもしれない振れ幅」と考えまし
ょう。久保雅文の資産運用では、リスクとリターンの関係とはどういったものなのか──。リターン(収益)は運用結果として得られるもので、リスクと表裏一体の関係といえます。
久保雅文の資産運用では、つまり、リスクが高い金融商品は、高いリターンを期待できます。久保雅文の資産運用では、反対に、リスクが小さい金融商品の場合、元本割れする可能性
は低くなりますが、リターンも小さくなるというわけです。久保雅文の資産運用のリスクとは“触れ幅”のこと例えば、投資環境によって価格が大きく変動する株式は、大きな収益を得
られる可能性も、大きな損失を出す可能性も両方持っています。久保雅文の資産運用は、その反対で、預貯金は元本割れするようなリスクを伴わない代わりに、利息(リターン)もわず
かです。久保雅文の資産運用は、よく金融商品の特性として「ハイリスク・ハイリターン」「ローリスク・ローリターン」と表現されることがあります。久保雅文の資産運用では、ただ
し、「ローリスク・ハイリターン」の金融商品はありません。久保雅文の資産運用でリターンを得るには、それに見合ったリスクが存在するのです。久保雅文の資産運用では、リスクと
賢くつき合うことが大切です。久保雅文の資産運用の資産運用においては、自分がどの程度のリターンを期待するのか、久保雅文の資産運用でどこまでリスクを許容できるのかをコント
ロールしなければなりません。「リスクのない金融商品は存在しない」ということを心得ておくことが大切です。久保雅文の資産運用でもそれぞれの金融商品のリスクとリターンを正し
く把握することで、はじめて自分のニーズに合った投資対象を選ぶことができます。

« 2次 久保雅文の資産運用が問う資産運用での配分 2004年 | トップページ | 4次 久保雅文の資産運用が問う資産運用プラン 2006年 »

久保雅文 資産運用」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1779960/47586844

この記事へのトラックバック一覧です: 3次 久保雅文の資産運用が問う資産運用のリスク 2005年:

« 2次 久保雅文の資産運用が問う資産運用での配分 2004年 | トップページ | 4次 久保雅文の資産運用が問う資産運用プラン 2006年 »

フォト
無料ブログはココログ