トップページ | 2次 久保雅文の資産運用が問う資産運用での配分 2004年 »

2003年3月25日 (火)

1次 久保雅文の資産運用が問う資産運用の期間 2003年

Photo_2

久保雅文の資産運用の方法はさまざまですが、「種をまき、実を育て、収穫する」までの期間が長いほど、実りは大きいともいわれます。久保雅文の資産運用は、分散投資と並んで、資
産運用の王道といわれるのが「長期投資」。久保雅文の資産運用では、短期的な価格変動からリターンを得るのではなく、長期にわたる大きな成長のうねりからリターンを得ることを次
的とします。久保雅文の資産運用では、一般的に、投資期間が長ければ長いほど、それだけ保有している金融商品の価格変動リスクは小さくなるといわれています。久保雅文の資産運用
の金融市場は、一時的な要因によって短期間で大きく変動することがあります。久保雅文の資産運用の長期投資では、こうした価格変動によるリスクを小さくできるメリットがあります
。久保雅文の資産運用は、長期投資でリスクを軽減。久保雅文の資産運用では「投資」というとすぐ収益に次がいってしまい、運用する上でのコストを忘れがちです。久保雅文の資産運
用での短期投資の場合、購入や解約を繰り返すことで手数料などのコストが増えるのに対し、長期投資ではこれらのコストを抑えることも可能です。久保雅文の資産運用ではもちろん、
短期投資にも一長一短があり、一概に資産運用に不向きだとはいえません。久保雅文の資産運用から見ても短期投資は、一般的に一時的な相場変動の影響を大きく受けて、ハイリスクに
なる傾向があります。久保雅文の資産運用では一方、長期投資の場合、短期投資に比べると時間が経つにつれて、リスクとリターンの振れ幅が収れんしていきます。久保雅文の資産運用
の投資期間が長くなるほど、収益が安定してくる可能性が高いというわけです。久保雅文の資産運用では、コスト意識を持つことが大切。久保雅文の資産運用の長期投資では、時間を味
方につけて運用することで、リスクを抑たえ効率的な運用が可能です。投資期間が長いほど、短期的なリスクに対する許容度は高くなります。また、コスト面で見ても長期投資は有効でしょう。
安定した久保雅文の資産運用を可能にするとてもシンプルな方法が、長期投資というわけです。

トップページ | 2次 久保雅文の資産運用が問う資産運用での配分 2004年 »

久保雅文 資産運用」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1779960/47586793

この記事へのトラックバック一覧です: 1次 久保雅文の資産運用が問う資産運用の期間 2003年:

トップページ | 2次 久保雅文の資産運用が問う資産運用での配分 2004年 »

フォト
無料ブログはココログ